検索
  • 星野ヴァイオリン・ピアノ教室

指導実例③

最終更新: 2020年2月21日

皆さん、こん○○は。

すっかりご無沙汰してしまいました。

さて、今日は指導実例③としまして、これまでヴァイオリン生徒の話でしたので、

今回はピアノ生徒のご紹介です。


ある日、教室の電話が鳴り、取ってみると、体験レッスンの申し込みでした。

話を聞いてみると、大人の方で、子供の頃からずっとピアノを習ってきて、

レベル的には上級。バッハは平均律をやっているし、ベートーヴェンのソナタも、

有名どころはやっているし、ショパンエチュードも何曲か弾いた事があるとの事。

うーん、さすがにそのレベルでは私には手に負えないので、やんわりお断りしたのですが、

なんとその方、そこで食い下がらなかったのです。

寧ろ、「何で駄目なんですか?まだ自分には基礎的な事も足りないし、

少しレベルを戻してでも、ちゃんとやりたいんです!」とかなり熱心を頼み込まれたので、

まあ、取り敢えず一度お会いしてから決めましょう。

と言う事で、体験レッスンに来て頂きました。

幸い、今やっているのがチェルニーの50番練習曲とラヴェルのソナチネだと言うので、

どちらも弾いた事があるので、それならレッスン出来るだろうと思っておりました。


さて、実際に聴いてみると、さすがに長年やっているだけあって、

とても良く弾けているのですが、若干奏法が古いな、と感じました。

また、レパートリーの幅が狭く、古典と少しロマン派をやっている程度で、

近現代物は殆どやっていないらしく、音色の幅も少ないと感じました。

古典に偏るのは、日本の古いピアノ教育の名残でしょうが、

やはり、色々な時代の作品に触れ、音色の幅を拡げる事は大切です。

体験レッスンでは、ラヴェルのソナチネを使い、

手首の使い方や、ペダリングなどを、実演を交えながら、レッスンをしました。

上級なので不安もあったのですが、まだまだ私からアドバイス出来る事が

たくさんあると判断したため、レッスンをお引き受けすることとなりました。

(後に本人から聞いた話によると、この時の私のラヴェルの模範演奏を聴いて、

「この先生に習おう!」と決めたそうです。(笑))


その方とはご縁があり、その後チェルニー50番を終え、モシュコフスキのエチュード、

バッハはフランス組曲や平均律、ロマン派はショパンやシューマン、ブラームスなど、

近現代ではアルベニスやグラナドス、バルトークなどといった、

これまで弾いてこなかった作品も多く勉強しました。そして今年で10年目になります。

何よりもここまで継続してきたことが、とても偉いと思います。

そしてこちらも生徒の為に、どんどん新しい曲を開拓していかなければならず、

この10年で随分とたくさんのピアノ曲を勉強、発見する事が出来ました。

生徒を育てるのが講師の役目ですが、実は講師は生徒によって育てられてもいるのです。

こうして色々な生徒と関わり、私自身も成長出来ている事に、とても感謝しております。

28回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

月謝制のすすめ

皆さん、こん○○は。星の音楽教室、講師の星野義浩です。 いよいよ来週からは梅雨入りとの事で、着々と夏が近付いてきましたね。 さて、当教室では、毎週同じ曜日、時間のレッスンを月謝制と呼んでおります。 一方、不定期でその都度予約するタイプをワンレッスン制と呼んでおります。 お仕事の都合などから、毎週予定が固定出来ない方などは、こちらのワンレッスン制をオススメしております。 しかし、このワンレッスン制が

ホール練習会プログラム

皆さん、こん○○は。星の音楽教室、講師の星野義浩です。 5月30日に行われる、ホール練習会のプログラムが決まりました。 【ホール練習会2021 】5月30日(日)15:00開演 岩槻駅東口コミュニティーセンターミニホール プログラム 【合奏】 シェリトリンド(メキシコ民謡) 【ピアノ】 魔法の森(リラ・フレッチャー) はずんだボール(田丸信明) ポロネーズ ト短調(遺作)(ショパン) ノクターン 

先生の返答で分かるレッスンの質

皆さん、こん○○は。 すっかりご無沙汰してしまいました。あっという間にゴールデンウィークも終わってしまいましたが、 未だコロナ禍は解消せずで、困ったものですね。 さて、楽器を先生に習っている方は大勢いらっしゃると思いますが、 習っているから大丈夫。とか、独学じゃないから。なんて思っていたら大間違いです。 その内容によっては、高いお金を出しながらも、独学と大して変わらない。なんて事もありえます。 今