Copyright © 2015 by Yoshihiro Hoshino all rights reserved

検索
  • 星野ヴァイオリン・ピアノ教室

指導実例②

皆さん、こん○○は。

星野ヴァイオリン・ピアノ教室、講師の星野義浩です。


以前も指導実例を書きましたが、今日は違う生徒の話を書いていきます。


その生徒さんが当教室に来たのは、小学5年生ぐらいだったと思います。

ヴァイオリンを始めてまだ2年くらいでしたが、

既にザイツのコンチェルトを弾くぐらいだったので、

進み具合は早い方だと思います。


体験レッスンで教室に来た時に、

『スケールは何をやっているの?』と聞くと、

カールフレッシュのスケールシステムをやっているとの事!

しかも3度や8度などの重音のスケールもやっているとの事で、

これりゃあ凄いぞ!と期待して聴かせて頂いたのですが…


あれあれ??全然弾けてない…

ってか、指の形はグチャグチャ、音の配列もよくわかっていない感じ。

重音なんて、強引に2つ押さえているだけで、ハモっては居ない。

当然スラーなどは付けずに1音ずつ弓を返して…

と言う具合なので、直ぐに『そのレベルでは無い』事は判別が付きました。

話を聞いてみると、これまでこのG-durのスケールだけをずっとやらされているのだそう。

確かにヴァイオリンにとって、G-durスケールは大切ですが、

それしかやっていないと言うのはあまりにも…


カールフレッシュのスケールシステムは確かに良い教本です。

これが最高峰として、重要視している先生もいらっしゃるでしょう。

しかし、レベル的にはかなり高く、ちゃんとした基本が出来ていなければ、

やる意味が無い、とさえ言える教本です。

それはフレッシュ自身が、これを初心者用に作った訳では無い事からも明らかです。

いたずらに早い段階から難しい物をやらせると言うのは、私的には如何な物かと思います。


まずはレベルを落として、ちゃんと理解しながら技術を習得させる事が大切です。

その為に、音階練習は小野アンナ音階教本にある、ファーストポジションのスケールをやります。

この段階でしっかりと音階の基本事項を覚えなくてなりません。

指の形(向き)、音の配列(全音半音)

中間音符の取り方、左肘の角度、弓の配分…

と挙げればキリがないですが、これだけ沢山の事柄を、

ファーストポジションの間にしっかり覚えてマスターしていかなければ、

3オクターブスケールやら、カールフレッシュのスケールシステムなんて夢のまた夢。


その生徒はその後、当教室に入会頂き、私のレッスンを受けるようになったのですが、

これまた水を得た魚の様に、メキメキと上達していくのです。

とても真面目な子だし、熱心に練習もする様でした。

前の週に注意した事は、ちゃんと次の週には直して来るのも偉かったです。


最初に与えた曲がリーディングのト長調のコンチェルトでしたが、

数回レッスンしただけで、ほぼインテンポ(実際の速さ)で弾けるようになり、

しかも16分音符なんかは綺麗に粒が揃っており、

思わず『キミ、指良く廻るねぇ!』と感心したのをよく覚えています。


この子の場合、これまで正しい奏法を教わって来なかったので、

指の形や向きなどが、グチャグチャになっていて、

正常に機能出来ない状態で弾いて居たんですね。

なので、それを全て正常な状態に戻してあげれば、

元々は器用な子なので、直ぐに弾ける様になるのです。

以前お母様が「今までこんなに細かく教えてくれた先生はいらっしゃらなかった。」

と仰って下さり、指導者としてはとてもありがたいお言葉でした。


しかし、ヴァイオリンという楽器は、そこまで細かく指導しなければ、

まともに弾ける様にはならない楽器なのです。

(故に独学やウェブレッスンでは限界があります。)

けれども、そこまで細かく教えてくれる先生が少ないのが現状です。

こうして色々な生徒さんが、他所の教室から移ってきます。

引っ越しだったり、スケジュールの都合が合わなくなったり、先生に不満を持って辞めたり、など、

理由は様々ですが、ご縁があった生徒さん達には、

「この教室に来て良かった」

そう思ってもらえるよう、日々努力していきたいと思います。


もし、今のレッスンに不満や不安をお持ちの方は、

是非一度、当教室のレッスンを受けてみませんか?

何かが間違っているから、上手く行かないだけかもしれません。

その解決の糸口を一緒に探して行きましょう!

只今、無料体験レッスン実施中です。

お申し込みはこちらから。









36回の閲覧