Copyright © 2015 by Yoshihiro Hoshino all rights reserved

検索
  • 星野ヴァイオリン・ピアノ教室

駒を立てる

皆さん、こん○○は。


先日ある生徒さんと話をしていた際に、

「楽器が送られて来た時に駒は立っていなかったので、自分で立てました。」  

とおっしゃっていて、『はぁ〜??』と一瞬驚いたのですが、

あ、そう言えば…とある事を思い出しました。


今から20年も前の話になりますが、(笑)

私が初めて勤めた、富士見市にある埼玉音楽院での出来事です。

初出勤のその日に、

「先生!新しい楽器が届いてますので、駒を立てて下さい!」と。

はぁ?何を言ってるんだこの人は?と思ったのですが、

「我々は素人だから、先生やって下さい!」

いやいや、待て!私もヴァイオリンが弾けるってだけで、

職人じゃないんだから、素人と一緒ですよ。

しかし、よくよく話を聞いてみると、スズキバイオリンの、

アウトフィットと言うセット楽器は、

駒を立てていない状態で送られてくるのだそう。

これが下倉楽器や黒澤楽器さんなどだと、

ちゃんとそこに職人さんもいるので、

職人さんが、ちゃんとした位置に立てて下さいます。

埼玉音楽院は以前は楽器店として、楽器販売もしていたようで、(今はしていない)

このように、直接楽器を仕入れていたようです。

仕方ないので、まあ大体この辺りだろう、と言う所に駒を立てて、

何とかその場を凌ぎましたが、

自分で駒を立てるなんて、この時とその後一回あったか無いか?ぐらいの事で、

すっかり忘れておりました。(笑)


駒と言うのは、大体この辺りってのは決まっていますが、

個体差があり、微妙に違います。

1ミリ違うだけで、響きが変わりますので、

(傾きが少し違うだけでも、音は変わります。)

何処に立てるかは、長年の経験と勘が必要です。

通常、弦楽器店で楽器を買う場合、

既に職人さんがちゃんと調整をした状態で、

(勿論、駒も立てた状態で)

売られていますので、自分で立てるなどと言う事はありません。

【餅は餅屋】ですので、こういったことは、

専門家にお任せするのが1番ですね。

仮に自分で立てなければいけない事があっても、

(落としたり、弦が緩みすぎたりして倒した場合)

取り敢えずこの辺、って所に立てて、

後日、楽器屋に持っていって、職人さんに調整して貰いましょう。





37回の閲覧