検索
  • 星野ヴァイオリン・ピアノ教室

楽器の上達はソルフェージュから

最終更新: 2020年2月6日

皆さん、こん○○は。


「ピアノの上達はソルフェージュから」と言う、

呉 暁 さんの著書があり、私も読んだ事がありますが、

まあ、要約すると、楽譜が読めないと楽器は弾けないので、先ずはソルフェージュで楽譜を読める様にすると楽ですよ。ってな話です。(大雑把すぎ(笑))


※ソルフェージュとは楽譜を読む総合力の事で、

音符の高さ、長さが分かる能力、またはその勉強の事を言います。(これも大雑把(笑))


しかし、これは本当の話で、例えばヴァイオリンの生徒で、

ピアノをやっている子や、子供の頃にピアノの習っていました。

なんて人は、楽譜が読めるので、その分進みは速いです。

しかし、全く楽譜が読めない人の場合、

先ず楽譜を読むのに苦労しますし、音やリズムを間違って練習してきたりする事があります。

そうなると、その音間違えや、リズム間違えを修正するのに、また時間が掛かります。

『じゃあ、それを直してまた練習してきて下さいね。』

となると、その分仕上がるのが1週間遅れます。

たかが1週間ですが、それが何回も続けば、

その分どんどん遅れていくわけです。


譜面が読めると言う事は、音を出す前から、

音の高さやリズムが分かっている、と言う事なので、

あとはそれを音にするだけです。

なので私は曲を弾く前に、その曲のリズムを叩かせたり、

ドレミで歌わせてみたりなどします。

そうやって、弾く前にソルフェージュをしておくと、

すんなり曲に入っていける事があり、ソルフェージュの重要性を感じます。

特にヴァイオリンの場合、押さえれば正しい音が出ると言う楽器ではない為、

先ず頭にしっかりと音のイメージが出来ていないといけません。

その為にはソルフェージュの練習は重要で、

当教室でも、なるべくソルフェージュの時間も取る様に心掛けております。


ただ何となくダラダラと弾き始めるのではなく、

先ず初めに、ソルフェージュとして、しっかり曲を理解してから弾きましょう。

そうすると無駄な練習をする事なく、効率よく進める事が出来るのでオススメです。


20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

月謝制のすすめ

皆さん、こん○○は。星の音楽教室、講師の星野義浩です。 いよいよ来週からは梅雨入りとの事で、着々と夏が近付いてきましたね。 さて、当教室では、毎週同じ曜日、時間のレッスンを月謝制と呼んでおります。 一方、不定期でその都度予約するタイプをワンレッスン制と呼んでおります。 お仕事の都合などから、毎週予定が固定出来ない方などは、こちらのワンレッスン制をオススメしております。 しかし、このワンレッスン制が

ホール練習会プログラム

皆さん、こん○○は。星の音楽教室、講師の星野義浩です。 5月30日に行われる、ホール練習会のプログラムが決まりました。 【ホール練習会2021 】5月30日(日)15:00開演 岩槻駅東口コミュニティーセンターミニホール プログラム 【合奏】 シェリトリンド(メキシコ民謡) 【ピアノ】 魔法の森(リラ・フレッチャー) はずんだボール(田丸信明) ポロネーズ ト短調(遺作)(ショパン) ノクターン 

先生の返答で分かるレッスンの質

皆さん、こん○○は。 すっかりご無沙汰してしまいました。あっという間にゴールデンウィークも終わってしまいましたが、 未だコロナ禍は解消せずで、困ったものですね。 さて、楽器を先生に習っている方は大勢いらっしゃると思いますが、 習っているから大丈夫。とか、独学じゃないから。なんて思っていたら大間違いです。 その内容によっては、高いお金を出しながらも、独学と大して変わらない。なんて事もありえます。 今