検索
  • 星野ヴァイオリン・ピアノ教室

指板にシールを貼らない理由

皆さん、こん◯◯は。

星野ヴァイオリン・ピアノ教室、講師の星野です。


ヴァイオリンの指板にシールを貼る事があります。

押さえる場所を覚える為の、補助的役割がありますが、

私も小さい子供などに、時たま貼る事もあるのですが、

基本的にはシールは貼らない様にしております。

ヴァイオリンは手の感覚と耳を使い、音程を作っていく楽器です。

その為に、手の感覚で場所を覚えていかなければなりません。

人間は目からの情報量が多くを占めており、目を使ってしまうと、

感覚の部分を研ぎ澄ませる事が出来なくなってしまいます。

また、ヴァイオリンは固定した音程がなく、

前後関係や上下関係で音程を変えなくてはいけません。

(導音を高めに取ったり、など)

その為、シールを貼ったりして、

「ここ!」と場所を決めてしまうのは、

ある意味間違いでもあるのです。


そんな事を書くと、

「いちいち細かい事、うるせーなぁ」とか、

「初心者なら、良いんじゃないの?」

などの意見もあるでしょうが、初心者だからこそ、

このタイミングで身に付けたい能力なのに、

それを阻害してしまう事になるのです。


シールを貼って学習した人からすると、

「このシールがあったから、弾ける様になった。」

と思うでしょうが、私からすれば、

『恐らく、シールが無くて弾ける様になったでしょうね。』

と思います。ってか、誰でもそうなるからです。

その証拠に長年勤めた、ヤマハ大人の為のグループレッスンでは、

シールは一切使っておりませんでしたが、

その為に弾ける様にならなかった人は、誰一人居なかったのです。


パッと見、便利そうに思うかもしれませんが、

シールを使った指導は、ヴァイオリンの本質からかけ離れており、

その指導法は間違っている、とすら私は思います。

シールに頼らずとも、ちゃんと音程が取れる様になりたい方は、

是非、当教室にいらして下さい。

只今、生徒募集中です。無料体験レッスンも実施中!





0回の閲覧

Copyright © 2015 by Yoshihiro Hoshino all rights reserved