検索
  • 星野ヴァイオリン・ピアノ教室

弓の毛と弦の張り替え

皆さん、こん○○は。


先日、ある生徒さんと話をしていたら、

楽器を買ってから、一度も弓の毛を替えた事がない、と話していました。

これが1から私が教えている生徒でしたら、そんな事は無いのですが、

その方は他所から移って来た人で、かつ結構弾ける方なので、

そんな事はとっくに分かっていると思い、

私もこれまで何も言わなかったのですが、

ふとした話の流れから、その事が判明し、

『もしや弦も?』と聞くと、こちらも切れた物以外は替えた事が無いそうでした。

音大時代の同級生にも、同じく弓の毛を替えた事が無い人がいて、

皆んなでビックリした事があるのですが、

こう言う事って、教わっていないと、知らないままだったりするんですね。

そこは指導者の責任問題でもあると思うので、

今後は気を付けたいと思います。


弓の毛も、弦も消耗品ですから、古くなったら取り替えましょう。

目安ですが、弓の毛は一年に一回。

弦は半年に一回(年二回)といったところでしょうか。

私が学生だった頃は、弓は半年に一回、弦は三ヶ月に一回替えていましたが、

今はそこまでの頻度では弾かないので、もう少し長めのスパンです。(笑)


以前勤めていた音楽教室の店長さんが、

「備品の弓、だいぶ古くなったので、全部新品と交換します」

と言ってて、ビックリしたのですが、

弓の木の部分はそんなに悪くなる物ではないので、

毛の部分だけ交換すれば良いのです。

それを弓そのものを全部取り替えるって、

どんだけ金持ちなんだよ!?って思いました。(笑)


是非皆さんも、定期的に弓の毛や弦は替えて下さいね。

また、その際ついでに楽器の点検もしてもらうと、

より安心です。





41回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

月謝制のすすめ

皆さん、こん○○は。星の音楽教室、講師の星野義浩です。 いよいよ来週からは梅雨入りとの事で、着々と夏が近付いてきましたね。 さて、当教室では、毎週同じ曜日、時間のレッスンを月謝制と呼んでおります。 一方、不定期でその都度予約するタイプをワンレッスン制と呼んでおります。 お仕事の都合などから、毎週予定が固定出来ない方などは、こちらのワンレッスン制をオススメしております。 しかし、このワンレッスン制が

ホール練習会プログラム

皆さん、こん○○は。星の音楽教室、講師の星野義浩です。 5月30日に行われる、ホール練習会のプログラムが決まりました。 【ホール練習会2021 】5月30日(日)15:00開演 岩槻駅東口コミュニティーセンターミニホール プログラム 【合奏】 シェリトリンド(メキシコ民謡) 【ピアノ】 魔法の森(リラ・フレッチャー) はずんだボール(田丸信明) ポロネーズ ト短調(遺作)(ショパン) ノクターン 

先生の返答で分かるレッスンの質

皆さん、こん○○は。 すっかりご無沙汰してしまいました。あっという間にゴールデンウィークも終わってしまいましたが、 未だコロナ禍は解消せずで、困ったものですね。 さて、楽器を先生に習っている方は大勢いらっしゃると思いますが、 習っているから大丈夫。とか、独学じゃないから。なんて思っていたら大間違いです。 その内容によっては、高いお金を出しながらも、独学と大して変わらない。なんて事もありえます。 今