検索
  • 星野ヴァイオリン・ピアノ教室

弓の毛と弦の張り替え

皆さん、こん○○は。


先日、ある生徒さんと話をしていたら、

楽器を買ってから、一度も弓の毛を替えた事がない、と話していました。

これが1から私が教えている生徒でしたら、そんな事は無いのですが、

その方は他所から移って来た人で、かつ結構弾ける方なので、

そんな事はとっくに分かっていると思い、

私もこれまで何も言わなかったのですが、

ふとした話の流れから、その事が判明し、

『もしや弦も?』と聞くと、こちらも切れた物以外は替えた事が無いそうでした。

音大時代の同級生にも、同じく弓の毛を替えた事が無い人がいて、

皆んなでビックリした事があるのですが、

こう言う事って、教わっていないと、知らないままだったりするんですね。

そこは指導者の責任問題でもあると思うので、

今後は気を付けたいと思います。


弓の毛も、弦も消耗品ですから、古くなったら取り替えましょう。

目安ですが、弓の毛は一年に一回。

弦は半年に一回(年二回)といったところでしょうか。

私が学生だった頃は、弓は半年に一回、弦は三ヶ月に一回替えていましたが、

今はそこまでの頻度では弾かないので、もう少し長めのスパンです。(笑)


以前勤めていた音楽教室の店長さんが、

「備品の弓、だいぶ古くなったので、全部新品と交換します」

と言ってて、ビックリしたのですが、

弓の木の部分はそんなに悪くなる物ではないので、

毛の部分だけ交換すれば良いのです。

それを弓そのものを全部取り替えるって、

どんだけ金持ちなんだよ!?って思いました。(笑)


是非皆さんも、定期的に弓の毛や弦は替えて下さいね。

また、その際ついでに楽器の点検もしてもらうと、

より安心です。





0回の閲覧

Copyright © 2015 by Yoshihiro Hoshino all rights reserved