検索
  • 星野ヴァイオリン・ピアノ教室

好きが1番の才能

更新日:5月7日

皆さん、こん○○は。星の音楽教室、講師の星野義浩です。

すっかりご無沙汰してしまいました。あっという間に4月になってしまいました。

新入生、新社会人の皆さん、おめでとうございます!


さて、今日は私が好きで、ずっと支えにして来た言葉をご紹介致します。


【好きって事が1番の才能】


これは別に著名な人や、高名な方の言葉ではなく、あるドラマのセリフからです。


昔、『疑惑の家族』と言う、富田靖子、風間杜夫、主演のピアノ系ドラマがありました。

放送途中で、出演俳優が傷害事件を起こし、その役者の出演シーンは大幅にカットされ、ストーリーも強引に終結し、その後再放送もDVD化もされなかった、幻のドラマです。(笑)


大まかなストリートとしては、北海道に生まれた少女が、ピアニストで音大助教授(風間杜夫)に「あなたの娘だ(かつての恋人の子供)」と名乗り、東京に出て来て、ピアニストになるべくコンクールを目指す。と言う、大映ドラマお得意のネタなのですが、(笑)

東京に出て来て、指揮者で音大指揮科講師の男性に一目惚れをします。そして、ある日、指揮者の男性が、「先生の娘なら、うちの大学受けるんでしょ?」と聞かれ、

「○○音大なんて、私には無理です!才能も無いですし。ただピアノが好きってだけなんで…」と言うと、その男性が

「好きって事が1番の才能だと思うけどなぁ。俺の親父はトラックの運転手だ。だけど、自分は指揮者になりたくて、たまらなくてなった。だから、好きだと言う事が1番の才能だと思う。」と。

その言葉をきっかけに、彼女は音大受験に向けて猛練習をして、ピアニストを目指すと言う内容。


まあね、理想と現実は違いますよ。(笑)所詮ドラマの中での話です。

ただ、当時高校生ぐらいだった私には衝撃的な言葉でした。

『自分も才能が無いし、幼い頃から英才教育を受けてきたわけでもないし、両親も音楽家ではない。けれども、音楽が好きだと言う事だけなら誰にも負けない。』そう思っていた。

なので、この言葉にはとても勇気付けられた。


確かに1番大切なのは、『好きだ』と言う事です。これが無いと始まらない。

いくら才能があっても、それをやりたくなければ意味がない。

例えば私に野球やサッカーの才能があったとする。勿論プロになれるレベルのだ。

しかしながら、残念ながら私はどちらのスポーツにも全く興味がない。「今頃プロ野球で活躍して、年俸も凄いことになっていたのに…」と言われても、やりたくないんだから仕方がない。(笑)私は才能をドブに捨てた人生を送っているのかもしれない。しかし、「それもまた〜人生〜♪」ってな訳で、それは仕方がない事。(勿論、例え話です。)


と言うか、才能があれば何らかの形で興味を示すのではないかと?と思うのです。

なので、お子さんなどの場合、取り敢えず色々やらせてみるのは良い事です。何処に才能があるのか分かりません。色々な分野の事をやらせてみると良いと思います。

その後、お子さんが特に興味を示す物に絞って行くのが良いと思います。

勿論、嫌がるものは直ぐ辞めて良いと思います。ある程度我慢したり、続ける事を学ぶのは大事ですが、好きでも嫌いでもない物はそれでも良いですが、嫌がる物、嫌いな物は早目に切り上げて、他にシフトするのがベストだと思います。


大人の場合も、何となく興味あるなぁ〜って物は取り敢えずやってみると良いと思います。

大人だって、「あれはやりたくない」って物もあるし、まあ、やってみたら意外にハマる事もあるので、あまり先入観だけで決めるのも良くないですが、興味がある物は取り敢えずやってみましょう!


そして、やってみて、イメージとちょっと違う、とか、段々興味が薄れる事もあるでしょう。

それは所詮その程度なんですよ。キツイ言い方ですが、これがいわゆる【才能が無い】って事。

【好きこそ物の上手なれ】のことわざ通り、好きなら飽きないし、辞めようとも思わないもの。

だから、結局『好きって事』が1番の才能なんだと思います。

是非、自分の『好き』って気持ちに素直に行動して、色々な事にチャレンジしてみて下さい。



当教室では、只今生徒募集中です。

まだ空きのある曜日も御座いますので、興味がある方は、是非HPよりお問い合わせ下さい!

https://www.hoshino-vnpf.com/triallesson





54回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

レッスン日の調整

皆さん、こん〇〇は。星の音楽教室、講師の星野義浩です。 凄く久し振りのブログになってしまいました。すみませんでした。 さて、いきなり話は変わりますが、私、この9月末をもって、 約3年間勤めましたカルチャースクールを退社致しました。 コロナ禍と生徒さんの高齢化が原因ですが、生徒数が1人となり、 流石に続けるのが困難になりました。 勿論1人でも、これから入る人を期待して、継続することも可能ですが、 ど

コロナに負けるな!キャンペーン

皆さん、こん○○は。 星の音楽教室、講師の星野義浩です。 いよいよ、8月になりました。毎日暑い日々が続いておりますね。 さて、昨年から続いておりますコロナ禍ですが、 飲食店などは営業時間の短縮やアルコールの提供が出来ないなど、色々虐げられており、大変なご苦労をされている事と思います。 勿論、我々音楽業界も色々と大変な目にあっており、 当教室でも、なかなか新規の生徒さんが増え難い状況ではあります。