検索
  • 星野ヴァイオリン・ピアノ教室

ヴァイオリンでの指使い

皆さん、こん○○は。講師の星野義浩です。

いつもご覧になって下さり、有難う御座います。


前回、指使いは守らないといけないのか?

と言うことをお話しましたが、内容はほぼピアノに関してでした。

と言うのも、ピアノとヴァイオリンでは指使いの意味合いが違うからです。

ヴァイオリンの場合、指使いはポジションと関わってくるので、

そのポジションである以上、他の指使いは考えられないからです。

例えばA線上の「レ」の音はファーストポジション上では、

3指しかありません。これを1指で弾くとか、2指で弾くとかになると、

ポジションが変更している、と言う意味になります。

なので、まだファーストポジションしか学習していない生徒の場合、

指使いを守るも何も、その指使いしか無いのですから、守らざるおえません。

ファーストポジションで迷うとなると、


『0にするか4にするか問題』


ですね。まあこれも決まりがある訳ではありません。

ある本には4って書いてあったり、違う本には0で良いってなっているし、

一体どっちなの??って悩むかと思います。

結論から申し上げますと、どちらでも良いのです。

ただ、私の中での合理的な方法と言うのがありまして、

それは前後関係で変わってきます。


例えばA線上のレミファというフレーズの場合、

レは3、ミは0、ファは1になります。

もしくは、ミの所を4にする方法があります。

私の場合、音階の法則に乗っ取って考えるので、

上行形は0、下行形は4ですので、最初の方の、

3-0-1の指使いを推奨します。

しかし、ここにスラーが付くと話は変わります。

レーミにスラーがある場合は、3-4の方が、同弦上で弾けるので、

移弦による段差を回避出来ます。

またレ、ミーファとミーファにスラーならば、3-0-1の方が、

ミーファのスラーが綺麗に行くでしょう。


例えば、レーミーレと行って戻ってくる音型の場合、

3-0-3とやってしまうと、右手のに移弦の手間が掛かります。

これを3-4-3とすれば、右手はそのままでスムーズに弾く事が出来ます。

そんな感じで、前後の関係を考えていけば、0にするか4にするかは、

大体決まってきます。しかし、それも絶対では無い事も覚えておきましょう。

初心者の場合、無理して4指を使うよりも、0にして、

音程を安定させるのも、一つの方法です。


当然ポジション移動も同じことで、恐らく弾き易さ、

音色作りの為に、敢えてそのポジションにしているのでしょうから、

取り敢えずはその指使い、ポジションでやってみる事を推奨します。

ただ、それも決して決まりではないので、弾き難ければ、

全てファーストポジションにする事は、決して間違いではありません。

とはいえ、ファーストポジション以上の音域も出てきますし、

ファーストポジションで弾くより、サードポジションで弾いた方が楽なことも、

たくさんありますし、音色の面でポジションを変えた方が良い事もありますので、

是非、たくさんのポジションを習得することをお勧めします。


ヴァイオリンの指使いについては以上です。

最後まで読んで下さり有難う御座いました。

26回の閲覧

最新記事

すべて表示

来年のオータムコンサート

皆さん、こん○○は。 速報‼️です。 来年の当教室の発表会の日程が決まりました! 先月(10月)の抽選会がダメだったので、今回の抽選で当たったのはとても嬉しかったです。 10月はそもそも市の主催イベントが多く、使えない日が初めから多かったのと、勿論クジ運も悪かったのですが、 『どうせ今月も駄目だろうな〜、面倒くせぇなぁ〜』 と思っていて、先月よりも抽選会の参加人数も多くてダメ元だったのですが、 今

ビオラレッスン

皆さん、こん○○は。星の音楽教室、講師の星野義浩です。 当教室では、ビオラの指導も行っております。 元々は、バイオリンだけ教えていたのですが、 ある日、「どうしても他にお教室が無いので、教えて頂けないか?」 と言う問い合わせから始まりました。 その当時はビオラは教えておらず、さらに楽器すら持っていない状態。 それでも一応プロフィールでは、学生時代に習ったビオラの先生の名前が書いてあり、 それを見て

長期休暇

皆さん、こん○○は。星の音楽教室、講師の星野義浩です。 先日、無事オータムコンサート vol.16を終え、 当教室のレギュラーレッスンはお休みしております。 (ワンレッスンや体験レッスンは行っております。) こんなに休みを取っていると、 「先生、海外でも行くんですか??」 なんて、質問も出たりしますが、 そんな金何処にあるの〜!?って感じです。(笑) まあ、近場にちょろっと、ぐらいはあるかもしれま

Copyright © 2015 by Yoshihiro Hoshino all rights reserved