検索
  • 星野ヴァイオリン・ピアノ教室

ホール練習会2020を終えて


皆さん、こん○○は。星の音楽教室、講師の星野義浩です。


昨日、ホール練習会2020を無事終える事が出来ました。

ご来場頂きました皆様には、この場を借りて御礼申し上げます。

コロナウィルスの影響で、各地のイベントが中止になっておりますが、

会場の岩槻駅東口コミセンも3月2日より、15日まで休館になるそうで、

何とかギリギリ開催する事が出来ました。

会場が使えないとなると、こちらがやる気満々でも無理ですからね…

先ずは午前中に音楽スタジオにて、アンサンブル・セミナーを行いました。

ワーグナーの『タンホイザー行進曲』をレッスン

今回は人数が少ないので、ピアノ五重奏みたいな編成で、

合奏と言うより、室内楽。(笑)

ただこう言う経験もなかなか無いので、これはこれで良かったのかと思います。

レッスンでも言っている事ですが、音の発音をくっきりさせること、

合図を見る事など、音程を揃えるなど、

基本的な事柄を中心にレッスンしました。


お昼に生徒さん達とランチを済ませ、

午後はミニホールへ移動し、リハーサルと伴奏合わせ、

その後15時からミニ発表会となりました。

今回、生徒さん達には、舞台でお辞儀をしたあと、

自分達で自己紹介をし、曲目を発表してもらう事にしました。

まあ、急に言った事なので、準備もしていないでしょうが、

名前と曲名しか言わなくて、ちょっと残念。

もう少し自分の事や曲に対するイメージとか、

自分の言葉で喋ってくれると良かったのですが…

ってな訳で、私の番では1人でベラベラと喋らさせて頂きました。(笑)

演奏の出来具合ですが、皆さんそこそこの状態を保っており、大きく失敗するような方はおりませんでした。一安心です。

私の講師演奏も、まあ、あんなもんじゃないでしょうか?(笑)

ホール練習会後は恒例の打ち上げ!

緊張感が解けて開放される瞬間です。

海鮮系のお店で、水槽から魚を取り出して、その場で捌くので、

とても新鮮で美味しかったです。

馬刺しや焼き鳥なども美味しいお店でした。


私はこう言う打ち上げの時に、生徒さん達とフランクに話をするのが好きです。

普段はこれくらい練習しているんだとか、こう言う思いで楽器を始めたなど、

その人の楽器へ対する思いなどが聞けるからです。

その思いに答えられるよう、一生懸命レッスンしてあげたいし、

少しでも長く続けて貰えるように、こちらも頑張ろうと思えます。

続ける事って、とても大変ですよね。

しかし、各々が持っている楽器に対する愛情を大事にしながら、

一生の趣味として、末長く続けてくれる事を心より願っております。


ホール練習会の報告は以上になります。

最後までお読み頂き、有難う御座いました。



43回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

月謝制のすすめ

皆さん、こん○○は。星の音楽教室、講師の星野義浩です。 いよいよ来週からは梅雨入りとの事で、着々と夏が近付いてきましたね。 さて、当教室では、毎週同じ曜日、時間のレッスンを月謝制と呼んでおります。 一方、不定期でその都度予約するタイプをワンレッスン制と呼んでおります。 お仕事の都合などから、毎週予定が固定出来ない方などは、こちらのワンレッスン制をオススメしております。 しかし、このワンレッスン制が

ホール練習会プログラム

皆さん、こん○○は。星の音楽教室、講師の星野義浩です。 5月30日に行われる、ホール練習会のプログラムが決まりました。 【ホール練習会2021 】5月30日(日)15:00開演 岩槻駅東口コミュニティーセンターミニホール プログラム 【合奏】 シェリトリンド(メキシコ民謡) 【ピアノ】 魔法の森(リラ・フレッチャー) はずんだボール(田丸信明) ポロネーズ ト短調(遺作)(ショパン) ノクターン 

先生の返答で分かるレッスンの質

皆さん、こん○○は。 すっかりご無沙汰してしまいました。あっという間にゴールデンウィークも終わってしまいましたが、 未だコロナ禍は解消せずで、困ったものですね。 さて、楽器を先生に習っている方は大勢いらっしゃると思いますが、 習っているから大丈夫。とか、独学じゃないから。なんて思っていたら大間違いです。 その内容によっては、高いお金を出しながらも、独学と大して変わらない。なんて事もありえます。 今