検索
  • 星野ヴァイオリン・ピアノ教室

ビオラソロ、初舞台!

皆さん、こん○○は。

星の音楽教室、講師の星野義浩です。

いつもブログをご覧頂き有難う御座います。


当教室ではビオラの指導も行っておりますが、

実は私、ビオラのソロ曲を人前で弾いた事が無かったのです!

ビオラは大学生の時、副科としてレッスンを受けていましたし、

カルテットや弦楽合奏、オーケストラなどでビオラを弾いていたのですが、

実はソロ曲を弾く事はありませんでした。

(勿論レッスンなどでソロ曲は弾いておりますが)


現在ビオラの生徒も増えてきた事もあり、

たまにはビオラソロでもやってみるか?!

と言う事で、今年の講師演奏はビオラで行う事に致しました。


記念すべき初のソロ曲は、

ブルッフの『コル・ニドライ』です。

今年はブルッフの没後100周年にあたります。

この曲は元々チェロの為に書かれた曲ですが、

ビオラでもよく演奏されます。

ただ、ビオラは編曲になるので、版が何種類かるようで、

今回私はカール・フィッシャー版を使用しています。


コル・ニドライとは、ヘブライ語で「神の日」と言う意味らしく、

ユダヤ教の祭礼で歌われるメロディーを取り入れているそうです。

しかし、そこはロマン派のブルッフならではのアレンジで、

すっかりブルッフの世界観になっており、

特にユダヤ教を感じる音楽ではありません。

(ブルッフ自身もユダヤ教徒ではありません。)

是非、ブルッフの魅力、ビオラの魅力を十分に味わって頂けたら、と思っております。


因みにピアノの講師演奏ですが、

こちらは今年生誕250周年を迎えるベートーヴェン様の、

ピアノ・ソナタ第1番の第4楽章を演奏致します。

若かりしベートーヴェンのパワーみなぎる作品で、

作品2でありながら、既にベートーヴェンの個性が溢れている作品です。


今年はコロナウィルスの影響や受験生がいたりなどで、参加者が少なく、

おまけに全体合奏や連弾もありませんので、

プログラムも少なく寂しい発表会になるかもしれませんが、

この日に向けて、生徒の皆さんは頑張っておりますので、

是非応援に駆けつけて頂けましたら幸いです。


なお、発表会は入場無料ですが、

コロナ対策の一環で、来場者名と緊急連絡先だけを用紙に記入して頂く形を取らせて頂きますことを、

予めご了承下さいませ。




50回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

先生の返答で分かるレッスンの質

皆さん、こん○○は。 すっかりご無沙汰してしまいました。あっという間にゴールデンウィークも終わってしまいましたが、 未だコロナ禍は解消せずで、困ったものですね。 さて、楽器を先生に習っている方は大勢いらっしゃると思いますが、 習っているから大丈夫。とか、独学じゃないから。なんて思っていたら大間違いです。 その内容によっては、高いお金を出しながらも、独学と大して変わらない。なんて事もありえます。 今

好きが1番の才能

皆さん、こん○○は。星の音楽教室、講師の星野義浩です。 すっかりご無沙汰してしまいました。あっという間に4月になってしまいました。 新入生、新社会人の皆さん、おめでとうございます! さて、今日は私が好きで、ずっと支えにして来た言葉をご紹介致します。 【好きって事が1番の才能】 これは別に著名な人や、高名な方の言葉ではなく、あるドラマのセリフからです。 昔、『疑惑の家族』と言う、富田靖子、風間杜夫、

ホール練習会

皆さん、こん○○は。星の音楽教室講師、星野義浩です。 すっかりご無沙汰してしまいました。 特に何もなく、平凡に過ごしております。(笑) 今日はホール練習会のお知らせです。 ホール練習会とは、発表会ほど規模は大きくなく、ラフな弾き合い会と言う感じで、内輪だけで行う練習会です。 暗譜の縛りもなく、曲の長さも種類も自由です。舞台慣れするための練習の場として設けております。 本当は3月末か、4月の始めにや