top of page
  • 星野ヴァイオリン・ピアノ教室

テキスト紹介(バイオリン②)

皆さん、こん○○は。

星の音楽教室、講師の星野義浩です。

いつもブログをご覧頂き有難う御座います!


さて、前回からの続きでテキスト紹介です。


『子供のためのバイオリン教室』は

とてもゆっくり進んで、良い教材ですが、

若干幼すぎる印象はあります。

ですので、小学校高学年ともなると、さすがに恥ずかしくもなってきます。

そこで、使うのがコチラ。


『バイオリンスクール①、②』(ドレミ楽譜出版社)


『子供のためのバイオリン教室』と同じ著者のテキストですので、

割と近い感じに作られております。

さすがに少し進みが早いのですが、まあ小学校高学年ならば可能かと思います。

以前は【ジュニアクラスの】と言うのが付いてなくて良かったのですが、

最近になって、この言葉が追加され、ちょっと不便に。(笑)


と言うのも、小学生以上の初心者にはコチラを使っているのですが、

高校生や大人の初心者にも【ジュニアクラスの】を使うのは忍びないからです。

以前は『やさしいバイオリン入門』と言う、これまた同じ著者の本を使っていましたが、

若干進みが早く、課題の分量が少ない様に感じて、

現在は『バイオリンスクール』に変更しております。

もう少し易しいテキストがあると良いのですが、

大人向けとなると、若干進度は早目になってしまいます。

それでも親しみ易い、楽しい曲が多く、合間に技術練習も含まれているので、

楽しみながら学習していけるので、良いのでは無いかと思います。

なので【ジュニアクラスの】は気にならさらないで下さい。(笑)


『バイオリンスクール』は①と②がありますが、

(③と言うのはなく、「ポジション移動練習曲集』と言うのが、実質③にあたります。)

順番に進めるか、他のテキストに移行するかなどは、

生徒の能力に応じて変更して行きます。


つづく(次回はその先のテキストについてです。)







閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

皆さん、こん○○は。星の音楽教室、講師の星野義浩です。 当ブログをご覧頂き、有難う御座います。 レッスンで「家では弾けていたんです!」って言う人、多いですね〜。(笑) まあ、気持ちは分かるんですけど、 『んな訳無いでしょ!家でも弾けていないんだって。』と言うのですが、 ちょっと面白い投稿をTwitterで見かけました。 https://twitter.com/a2desu/status/16196

皆さん、こん○○は。星の音楽教室、講師の星野義浩です。 いつもブログをご覧いただき有難う御座います。 12月も半ばを過ぎ、すっかり寒くなりましたね! 数週間前には『今年の冬は暖かいなぁ〜』なんて呑気な事を思っていましたが、 今は普通に寒いです。(笑) そして、早くも今年が終わりに近づいてきました。 本当に一年経つのはあっという間ですね。 当教室の営業日についてですが、年内は12月28日まで(月謝制

bottom of page