検索
  • 星野ヴァイオリン・ピアノ教室

「ヴァイオリン」やめました。

皆さん、こん○○は。星の音楽教室、講師の星野義浩です。

いよいよ梅雨が明け、本格的な夏がやってきましたね!

これから暑くなるに従い、コロナも鎮静化してくれると良いのですがね…

1日でも早く治療法や薬が出来る事を願うばかりです。


さて、タイトルにあるように、この度私は「ヴァイオリン」を止めました。

なんて言うと、「どうして?」「教室はどうなるの!?」と驚かれると思うのですが、楽器は辞めてませんよ。(笑)

「ヴァイオリン」と言う言葉を使うのをやめたのです。

どう言う事かと言いますと、鋭い方はホームページなどで既に気付かれているかと思いますが、

長年使ってきた「ヴァイオリン」という表記をやめて、全て「バイオリン」に変更致しました。


そもそも私は楽器を始めた当初から「ヴァイオリン」を使っており、そちらが正しいと今でも思っております。

実際、音大や楽器屋などの専門家の間では「ヴァイオリン」が一般的ですし、

コンサートに出掛ければ、「ヴァイオリン・ソナタ」「ヴァイオリン協奏曲」と表記されるのが当たり前。

ところが、社会人になり、一般の方と接する事が多くなると、圧倒的に「バイオリン」の方が多くなります。

それでも「ヴァイオリン」の方が正しいんだ!こっちの方がカッコいい!そう思って頑固にそこを押し通してきました。

しかし、あれから30年の月日が過ぎても、未だにどっちともつかない状態が続き、

ネット検索では今でも「バイオリン」の方が少し多いようです。

昔はマクドナルドなどは「ファーストフード」と言っていましたが、今では殆ど「ファストフード」に直っていますよね?

しかし「ヴァイオリン」の方は未だに両方存在します。


で、もうさすがに意地を張るのも疲れたので(笑)一般的な「バイオリン」にしてしまえ!って事で、3月の教室名改定の際に、全てを「バイオリン」に変更致しました。

特にこれから楽器を始める人にとっては、「バイオリン」の方が馴染みがありますし、

検索をする時も「バイオリン」が多いとなると、

その方が有利である、と判断した次第です。

(あと、文字数の都合でも「ヴァ」は少し面倒でもある。)


長年の癖や愛着もあり、つい「ヴァイオリン」と書く事も多いのですが、(笑)取り敢えずホームページやブログでは今後は「バイオリン」と表記していきます。

因みに当然「ヴィオラ」も「ビオラ」に直してあります。


まあ、結局表記なんてどっちでも良いんですよ。中身は一緒ですから。(笑)

皆さんはお好きな方をお使い下さい。

って言う、ちょっとどうでも良い話題でした。ご覧頂き有難う御座いました。


当教室では只今、生徒募集中です!

興味のある方は、是非ホームページよりお問い合わせ下さい。

95回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

レッスン日の調整

皆さん、こん〇〇は。星の音楽教室、講師の星野義浩です。 凄く久し振りのブログになってしまいました。すみませんでした。 さて、いきなり話は変わりますが、私、この9月末をもって、 約3年間勤めましたカルチャースクールを退社致しました。 コロナ禍と生徒さんの高齢化が原因ですが、生徒数が1人となり、 流石に続けるのが困難になりました。 勿論1人でも、これから入る人を期待して、継続することも可能ですが、 ど

コロナに負けるな!キャンペーン

皆さん、こん○○は。 星の音楽教室、講師の星野義浩です。 いよいよ、8月になりました。毎日暑い日々が続いておりますね。 さて、昨年から続いておりますコロナ禍ですが、 飲食店などは営業時間の短縮やアルコールの提供が出来ないなど、色々虐げられており、大変なご苦労をされている事と思います。 勿論、我々音楽業界も色々と大変な目にあっており、 当教室でも、なかなか新規の生徒さんが増え難い状況ではあります。